• Facebook Social Icon
  • Twitter Metallic
  • Google Metallic

​〒869-1234 熊本県菊池郡大津町引水592番1 

Tel 090-7441-6276 

mail kuwahara@souchido-wci.com

営業時間:9:00-18:00 定休日:土曜日曜

Copyright(C) 2016 Souchido Inc. All Rights Reserved.

Please reload

最新記事

いろいろなモノが結合しながら、システムは便利になっていく。

April 24, 2019

1/1
Please reload

特集記事

不安とか気持ち良くない事は創造性の始まりです

April 3, 2019

中学校から社会人のはじめの頃に音楽をやっていました。

 

はじまりはクラシックギターを弾いていましたが、途中からフォークやロックっぽい音楽も少しww

 

 

実は楽器を弾く前から楽譜が好きでしたので、「楽譜が読めない」って何だろう?というとんでもない高ピーな人間だったと思いますww


それは置いておいて。

 

音楽の授業の時に「協和音」と「不協和音」という括りで習ったことはありませんか?

 

協和音とは多分「ドミソ」という和音ですね。

 

  

 


確かに聴いていて安心する感じはします。


一方で不協和音とは、「ドミソシ」というふうに3つの和音の中に余計なものが入っている。

 

 

 


・・・・でも別に「不協和」って感じではなくて「不安定」って感じかも。


更に長調と短調という言葉もありました。

 

 

音符で言うと長調は長3度と5度の3和音のつながりで、短調とは真ん中の音が半音下がる(短3度になる)という感じですね。(厳密な事はまた別の機会に…)

 

 

セミナーや講演を生業としている私にとって、その満足度は気になります。

「参加して頂いた方に満足してもらえたのだろうか」?と。


僕はセミナーをやる時には基本的にかなり作りこみます。

 

そのうえでのアドリブはかましますけど(笑)


この作りこむという「協和音」的な部分と、アドリブという「不協和音」的な部分がセミナーなどの醍醐味だと思うのです。

 


参加していただく方々にもそれを感じてほしいのですね。

 

セミナーの協和音的な「すっきりした」結論をもって「良かった」とするだけではなく、色々な不協和音的な「印象」を持って不可とすることなく。


「学び」とは、不安な状態から安定な状態へのプロセスを、自らが気づいていくという事だと感じています。

 

 

鉢桜はまだ今年は開花が遅いようです。

 

 

今週末までには咲いてくれるかなと思います。


 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

ソーシャルメディア