• Facebook Social Icon
  • Twitter Metallic
  • Google Metallic

​〒869-1234 熊本県菊池郡大津町引水592番1 

Tel 090-7441-6276 

mail kuwahara@souchido-wci.com

営業時間:9:00-18:00 定休日:土曜日曜

Copyright(C) 2016 Souchido Inc. All Rights Reserved.

Please reload

最新記事

いろいろなモノが結合しながら、システムは便利になっていく。

April 24, 2019

1/1
Please reload

特集記事

【解説】TRIZという発想法:災い転じて福となすの原理

August 2, 2017

私が専門にしているTRIZという発想法は、世界中の特許を分析した結果生まれたものです。つまり、それは多くの先人たちの「知恵」の結晶という事ができます。

 

そんなTRIZでよくつかわれる手法に「40の発明原理」があります。

 

問題には「あちらが立てばこちらが立たず」という矛盾があるから解決が難しい。

しかし特許を分析した結果、そういう矛盾を解決するために考えるべきヒントが40種類見つかったというものです。

 

 

今回は、その中の22番目「災い転じて福となす」の原理について解説しましょう。

 

「災い転じて福となす」とは日本語訳の妙で、英語だと「Convert harm into benefit」ですから直訳すると「有害な作用を利益に転換する」といった意味ですね。

別の言い方で「レモンをレモネードにする」という表記もあるようです。

 

いずれにしても、「今起きている問題を利用して、役立つものにうまく変換できないか?」という視点だといえます。

 

今起きている問題を「消し去って」ではなく「利用して」が、この発明原理のユニークなところです。

 

 

問題を受け入れてそれを利用するという発想が、実は私はとても気に入っています。

 

 

例えば、

・その問題の専門家ではないという事を「利用して」相手に答えを考えさせる。

・自動車の排気ガスの圧力を「利用して」ターボ機構でエンジンの出力を上げる。

・人手が足りないという事を「利用して」一気に自動化を図る。

・住宅の1Fと2Fの温度差を「利用して」風の流れをつくる。

・辛いものを食べてその辛さを「利用して」汗をかき、体感温度を下げる。

・毎朝ベッドから起きるのが辛いのを「利用して」・・・・・

・この夏の暑さを「利用して」・・・・・

 

今あなたが抱えている問題を逆手に取って「利用して」、何らかの利益につなげる方法を考える事は、あながち悪いことではない気がしますが如何でしょう?

 

 

ポイントは、「その問題を直接なくす」のではなく、「その問題を利用して別の(良い)効果を得る」方法を考えるのです。

 

 

さぁ、今夜も熱帯夜ですから、眠れない…。

この「眠れない」という問題を利用して「新しいことを考える」という事も災い転じて福となすの応用ともいえそうですね^^

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

ソーシャルメディア