• Facebook Social Icon
  • Twitter Metallic
  • Google Metallic

​〒869-1234 熊本県菊池郡大津町引水592番1 

Tel 090-7441-6276 

mail kuwahara@souchido-wci.com

営業時間:9:00-18:00 定休日:土曜日曜

Copyright(C) 2016 Souchido Inc. All Rights Reserved.

Please reload

最新記事

いろいろなモノが結合しながら、システムは便利になっていく。

April 24, 2019

1/1
Please reload

特集記事

どんなノートを使うか?

February 12, 2017

皆さんは仕事の時にどんなノートを使っていますか?

 

一番コスパが良いのは、やっぱりCampusノートでしょうか。

私も愛用していました!ww

 

会社員時代は、ほとんどCampusノートに、会議や打ち合わせ内容を書いていました。 

 

 

技術コンサルとしての仕事を始めたころから、ルーズリーフ式のシステム手帳(ノート)を使いだしました。

 

なんと言ってもカッコいい(笑)ww

 

 

 

ノートやメモを取るのは、セミナーや講義の備忘録として。

もしくは、その時の自分の想いをメモしておきたくて、書くことが多かったですね。

 

Campusノートは、紙を差し替える事ができませんから、自ずと時系列の記載になります。

その「時系列」ってのが「検索」には最適なんですよね^^

 

スケジュール帳と合わせれば、あの時の記録が簡単に検索できる!

 

 

一方でルーズリーフタイプのノートは、簡単に紙の差し替えができるから、時系列の概念が薄れます。もちろん書いた日の日付を書きますが、ページはぐちゃぐちゃになりやすい。

 

 

最近ルーズリーフタイプのノートに戻ってきて、それが「思考を整理する」事ができるのに気づきました。

 

 

人間は「時系列で仕事をしています」が、「思考は非時系列」なのです。

いろいろな思いつきを重ねながら生活をし仕事をしています。

 

ルーズリーフ式ノートだと、非時系列に書いたページを一か所にまとめて閲覧できる。

 

そしてそれらを眺めることで、また新しい発想が生まれてきやすくなる。

 

 

KJ法?

そんな感じですね。

 

 

もちろん、検索したい情報は時系列が良いので、スケジュール帳は絶対的にルーズリーフじゃない方が良い。

 

 

でも、創造的な事を考える。

 

そしてそれを組み立てる時には、ルーズリーフ式ノートに書いたページを机の上に広げてみると良い感じになるように感じています。

 

 

暦の上ではもう春ですが、まだまだ気温が低い状態が続きます。

 

風邪などひかないようにご自愛ください。

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

ソーシャルメディア