• 桑原

TRIZの発明原理についての解説3:21番「高速実行原理」

TRIZとは世界中の特許を分析して得られた問題解決の理論です。

その中で最もポピュラーに使われている「40の発明原理」について、毎回一つずつ取り上げていきます。


第21番目の発明原理は「高速実行原理」です。


問題が生じているプロセスを高速化してみたらどうか?というヒントです。

素早く実行する(させる)ことで問題が発生する猶予を与えないのではないか?

であれば、「短い時間で実施するためにどういうシステムや環境、材料や物質を用いればいいか?」という思考をします。



例えば、

・食品をおいしく長期保存するための「急速冷凍システム」(エンジニアリング)。

・言い訳を相手に考えさせないために次々と質問をする(ビジネス)。

などが考えられます。



15回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示