top of page
  • 桑原

大津発想塾第1回目を開催しました!


節分前夜の2月2日、熊本の郊外にある大津町で「大津発想塾」を開催しました。

初回という事もあり、どのようなものになるのか不透明な中、大津町内外からいろいろなバックボーンを持った7名の方にご参加いただきました!

IoTビジネスに取り組んでいる地場企業、クリーニング、教育機関などの経営者から会社員・・・・ドローンビジネスに関わっている方もいらっしゃいました。

自己紹介で参加の目的や「今抱えている課題」などを共有化した後、まずは発想法についてのお話しを亭主からさせていただきました!

今回は「ブレインストーミング」について。

もっとも基本的な発想法なのに、これほどいい加減に行われている発想法はありません。

この説明の後のディスカッションが、予想外の盛り上がり!(笑)

とても刺激的で面白かった。

もっと時間が欲しかったという感想をたくさんいただきました!

事業の問題、ビジネスと生活の矛盾、問題発見のやり方など、今回の参加者個々人が抱えている課題は様々ですが、それを解決する為に「豊かな発想」を得たいという想いは共通しているようです。

これからもいろいろな事を試しながら、学んでいきましょう!

この勉強会は、いろいろな形態を試行錯誤しながら実施していきます。

次回の開催はまた告知しますので、是非ご参加くださいね。

#勉強会 #大津

閲覧数:37回0件のコメント

最新記事

すべて表示

僕たちより上の世代だと、「10年ひと昔」と言いますね。 「世の中は移り変わりが激しく、10年も経つともう昔のことになってしまう。」という意味のことわざで、そもそもは世の中の移り変わりが激しい意味で使われていたようです。 実際10年も経つと、いろいろな物が古臭くて昔のように感じますよね。 まぁ「10年」という数字には確たる根拠はなさそうですが、最近シチズン時計が調査した結果では「Z世代のひと昔は5-

bottom of page